第27回環境自治体会議2019東京会議のお知らせ

手をつなぎ、持続可能な地域づくりを次のステージへ

- SDGs達成に向けて地域からできること

参加案内(PDF)はこちらから

参加申込書のダウンロードはこちらから

開催概要

名 称  第27回環境自治体会議 全国大会 2019東京会議 in足立
日 程  2019年5月20日、21日の2日間
会 場  東京電機大学(東京都足立区千住旭町5番)
内 容  環境自治体会議総会、全体会(特別講演、首長パネル、総括セッション)、
分科会(3テーマ)、一般発表、企画セッション、交流会
主 催  環境自治体会議
協 力  東京都足立区、東京電機大学

パネルディスカッション
「自治体間連携で実現する地域からのSDGs達成」

自治体間の横並び・競争を続けるには限界があります。これからは各地域の強みを活かした戦略的な連携により、環境政策・持続可能な地域づくりの取り組みを切り拓くステージに入っていくのではないでしょうか。先駆的な試みに学びながら、新しい自治間連携のあり方、可能性と課題を考えます。
コーディネーター 田中充(法政大学教授、環境自治体会議アドバイザー)

分科会

第1分科会【SDGs】
「やらなきゃならない?どう取り組む?地域発SDGs」
2015年に国連で採択されたSDGs…国内でも耳にする機会が増えてきました。しかし地域政策との関係に悩んでいる方も多いのでは?地域づくりの中核にSDGsを据えて取り組みだした自治体や、企業と連携しながら地域課題へのアプローチに活用している自治体などの事例を学び、地域でSDGsに取り組む意義やその方法を考えます。
コーディネーター 蟹江憲史(慶應大学教授、自治体SDGs推進のための有識者検討会委員)
第2分科会【気候変動適応・防災】
「今こそ本気で考える、気候変動への適応と防災」
毎年のように大規模災害が発生する現実からは、気候変動の影響を意識せざるを得ません。昨年6月には気候変動適応法が公布され、自治体には地域適応計画の策定が求められています。迫りくる気候変動の危機をどう捉え、どのように計画に落とし込むべきか、市民と共に日常で取り組めることは何かなどを掘り下げます。
コーディネーター 白井信雄(山陽学園大学教授、環境自治体会議アドバイザー)
第3分科会【ストックマネジメント】
「公共施設・インフラの低炭素化、適正管理の戦略」
大部分の地域が減少人口の時代を迎え、公共施設やインフラを適正に管理することが喫緊の課題になっています。単なる統廃合ではなく、環境に配慮しつつ長く愛される施設管理のあり方とは?生活インフラの老朽化にどう備え対応していくか?など、環境行政から発信できることを踏まえて考えます。
コーディネーター 村上公哉(芝浦工業大学教授)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です